webアプリケーション開発(Python)|Flask入門

Flaskとは

 

Flaskとはwebアプリケーションフレームワークの1つで、Pythonによるwebアプリ開発をサポートする機能がパッケージされたツール(無料)のことです。

他のwebアプリケーションフレームワークと比べてFlaskの機能は必要最小限であるため、手軽で使いやすいところが特徴です。

実はPythonのwebアプリケーションフレームワークと言えば、Django(ジャンゴ)が有名です。youtubeやinstagramなど様々なwebサービスの開発に使われています。

ところが、充実した多機能なwebサービスを開発できる反面、初心者にとっては扱い難いため、まずはFlaskで基本を学習することをおすすめします。

3種類のメッセージを表示するアプリの作成

世界中のユーザーがインターネットを使って、これから作成するwebサイトにアクセスした際に、以下の3種類のメッセージを表示するアプリを作成していきます。

  1. 「Hello!web開発入門」
  2. 「web開発の基礎」
  3. 「web開発の応用」

webサイトについて

webとはworld wide web(ワールド・ワイド・ウェブ)の略であり、URL(例:http://www.test.com)のwwwはwebのことを指しています。このURLでは、各ページが階層別に構成されています。

階層①
http://www.test.com・・・基本ページ

階層②
http://www.test.com/A・・・Aページ
http://www.test.com/B・・・Bページ
http://www.test.com/C・・・Cページ

webアプリケーション開発環境の設定

webアプリ開発環境については、PaizaCloudの無料プランをおすすめします。

新規ディレクトリの作成

  • PaizaCloudを開いたらフォルダ(/home/ubuntu)を右クリックし、新規ディレクトリを選択してください。

ディレクトリ名の入力

  • ディレクトリ名(何でもOK)を入力して、OKをクリックしてください。

新規ファイルの作成

  • ディレクトリを右クリックして、新規ファイルを選択してください。

新規ファイルの作成

  • ファイル名(拡張子:py)を入力して、作成ボタンをクリックしてください。「py」はPythonのコードを意味します。

コードの記述(アプリの作成)

  • Pythonのコードを記述して、アプリを作成します。

3種類のメッセージを表示するコードの記述

  • ①スラッシュ(/)、②スラッシュ(/)+basic、③スラッシュ(/)+advanceの3つのアクセス先によって、メッセージを表示するコードを記述します。記述したら、保存ボタンをクリックしてください。

解説

アプリの起動準備

  • ターミナルを起動し、「myapp」ディレクトリに切り替えるコードを記述します。

解説

アプリの起動方法

  • 「myapp」ディレクトリに切り替えたら、作成したアプリを起動するためのコードを記述します。

解説

アプリの起動確認

  • これでアプリが起動しました。ブラウザをクリックして動作確認します。

アプリの動作確認

  • ブラウザから、①スラッシュ(/)、②スラッシュ(/)+basic、③スラッシュ(/)+advanceの3つのアクセス先によって、指定したメッセージが表示されています。これで3種類のメッセージを表示するアプリの完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です