Python Pandas(パンダス)|excel・csvの基本操作

pandas_standard

困っている人

  • Pandasってなに?
  • Pandasで”できること”を知りたい
  • Excel・csvデータの具体的な操作方法を教えてほしい
この記事で解決できること
  1. Pandasがどういうものか分かる
  2. Pandasで”できること”が分かる
  3. 効率的なExcel・csvデータの具体的な操作方法が分かる

 

この記事を書いている人

プログラミング言語(Pythonなど)を働きながら独学で習得。「Excel作業の自動化」「人工知能による予測」「Webアプリ開発」「Webスクレイピング」を駆使した業務ハック(業務改善×システム化)を得意にしています。

 

Python Pandas(パンダス)とは?

Pandas(パンダス)とは、一言でいうとデータ分析を効率的に行うためのツールです。オープンソースで公開されており、個人・商用関係なく誰でも無料で利用できます。

Pandasを使うと、”データの内容”や”統計量”を表示したりグラフ化などの処理を、たった数行のコードで実行できます。

データ分析に必要な前処理(分類・整理・成型・抽出・削除)を高速化できるので大変便利です。

なにかと手作業の多いExcelよりも利便性が高く、効率的にデータ分析を行えます。

  1. データの作成・・・表形式のデータベース作成
  2. データの加工・・・並び替え、検索、置換、削除、データベースの結合
  3. データの分析・・・抽出集計、統計量の表示、グラフ作成
  4. データの連携・・・excel、csvファイル読み込み、excel、csvファイル書き出し

Python Pandas(パンダス)|Excel・csv操作の具体例

ステップ1.サブウィンドウを開く

google colabで新規ファイルを開き、左側の矢印(>)をクリックしてサブウィンドウを開きます。Google Colabの環境構築については、下記の記事を参考にしてください。

[st-card id=137 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

 

ステップ2.ファイル(タブ)を選択

「ファイル」をクリックします。

 

ステップ3.アップロード(メニュー)を選択

「アップロード」をクリックします

 

ステップ4.アップロードするExcelファイルを選択

ファイル選択のウィンドウが開きますので、アップロードしたいファイル(商品マスタ・売上データ)を選択します。今回はExcrlファイルで説明しますが、csvファイルを選択することもできます。

 

ステップ5.Excelファイルのアップロードの完了

サブウィンドウに「商品マスタ」と「売上データ」が表示され、アップロードが完了しました。

 

ステップ6.アップロードしたファイルをデータフレーム形式へ変換

pandasライブラリをインポートし、アップロードした「商品マスタ」と「売上データ」をPandasのコードを使ってDataFrame(データフレーム )形式で読み込みます。※csvファイルをデータフレーム 形式へ変換する場合は「pd.read_excel」の部分を「pd.read_csv」と書けばOKです。

 

ステップ7.データフレームの結合

「商品マスタ」と「売上データ」の2つのDataFrame(データフレーム )に共通している「商品コード」をキーにして、売上データと商品マスタを結合します。

 

ステップ8.データフレームの列追加と数値計算

DataFrame(データフレーム )に「金額」という新しい項目を追加し、「販売数量」と「単価」をかけた数値を追加します。

 

ステップ9.データフレームのデータ変換

DataFrame(データフレーム )の商品名をカタカナの「バナナ」から、ひらがなの「ばなな」へ変更します。

 

ステップ10.データフレームの条件抽出

DataFrame(データフレーム )の販売数量が5以上のデータのみを抽出します。

 

ステップ11.データフレームからExcelファイルへの変換

販売数量が5以上のデータのみ抽出したDataFrame(データフレーム )を「売上データ(要因分析)」という名前で、Excel形式で書き出します。※csvで書き出したい場合は「to_excel」の部分を「to_csv」と書けばOKです。

 

ステップ12.書き出したデータ(データ操作後)の確認

書き出したExcelファイルをダウンロードして内容を確認すると、販売数量が5以上のデータが書き出しできていることが分かります。

 

Python Pandas(パンダス)|Excel・csv操作の自動化

ステップ1〜12により「データ分析に使えるデータ」にするためのコードが記述できました。まとめると以下の7行になります。

一度作成したコードは、ボタン一つで何度でも繰り返し実行できます。つまり、自動化プログラムの完成!となります。

 

Python Pandas(パンダス)のまとめ

Excelはとても便利なソフトですが、データの変更や削除・フィルターを使った抽出など、すべて手作業が発生します。

Pandasはそういった手作業を全て自動化できる、とても便利なツールなのです。ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です