Pandas Excel書き込み・書き出し方法(シート名の変更など)

pandas_export

Pandas(パンダス)のDataFrameについて

PythonライブラリであるPandas(パンダス)を使えば、DataFrame(データフレーム )で処理したデータを、Excelファイルやcsvファイルとして書き出すことができます。

データフレーム とは、下記の図のとおり「Excel」や「Spreadsheet」のような表形式のデータのことです。

Pandasでは大量のデータを高速かつ効率的に処理することができるので大変便利です。

「xlrd」をインストールして準備

Excelファイルを読み込む前に、「xlrd」というライブラリをインストールする必要があります。

解説

  1. 「pip install xlrd」と入力し実行してください。

Pandasをインポートして準備

Pandasをインポートすることで、ExcelファイルをDaraFrame形式に変換することができます。

解説

  1. 「import pandas as pd」と入力し実行してください。

Excelファイルの読み込み pd.read_excel()

まずはExcelファイル(売上データ)を読み込んでおきます。

解説

  1. DataFrame(df1)に、データフレーム 形式に変換したExcelファイル(’売上データ’)を代入します。
  2. DataFrame(df1)を出力。

Excelファイルの書き出し DataFrame.to_excel()

「DataFrame.to_excel()」を使うとExcelファイル(売上データ)を書き出すことができます。

解説

  1. df1(売上データ)を、Excelファイル(’売上データ_書き出し’)に変換して書き出します。
Excelファイルの内容

Excelのシート名を変更して書き出す

  1. 「sheet_name=’サンプルデータ’」と入力。シート名を「サンプルデータ」に変更できます。
Excelファイルの内容

Excelの最初の列(インデックス)をスキップして書き出す

  1. 「index=False」を追加。インデックス番号をスキップして書き出すことができます。
Excelファイルの内容

Excelの最初の行(ヘッダー)をスキップして書き出す

  1. 「header=False」を追加。ヘッダーをスキップして書き出すことができます。
Excelファイルの内容

まとめ

Pandasを使ったExcelファイルの、様々な書き出し方法について解説しました。

「DataFrame.to_excel」という構文を使えば簡単にExcelファイルを書き出すことができます。また、シート名を変更したり、最初の列(インデックス)・最初の行(ヘッダー)を書き出すかどうかを選択することも可能です。

ちなみに、csvファイルを書き出すときには「DataFrame.to_csv」という構文を使用します。たった1行で書き出しできるので、とても簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です