【Pandas】データフレームの各列のデータ型を確認・変更

 

データフレームの確認(変更前)

列データ(単価)をそれぞれ、「文字列型」「整数(数値)型」「浮動小数点数型」に変更する。

pandas_astype

  1. pandasのインポート
  2. データフレーム (fruits_df)へExcelファイルの読み込み
  3. データフレーム (fruits_df)を表示
  4. 各列のデータ型を表示

 

指定の列のデータ型を「文字列型」に変更する方法

astypeメソッドの引数に「str」を指定する。

pandas_astype

  1. 列データの単価を「文字列」に変更
  2. データフレーム (fruits_df)を表示
  3. 各列のデータ型を表示

 

指定の列のデータ型を「整数(数値)型」に変更する方法

astypeメソッドの引数に「int」を指定する。

pandas_astype

  1. 列データの単価を「整数(数値)型」に変更
  2. データフレーム (fruits_df)を表示
  3. 各列のデータ型を表示

 

指定の列のデータ型を「浮動小数点型」に変更する方法

astypeメソッドの引数に「float」を指定する。

pandas_astype

  1. 列データの単価を「浮動小数点型」に変更
  2. データフレーム (fruits_df)を表示
  3. 各列のデータ型を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です