Python list(リスト)の抽出|個数・要素の取り出し方法

困っている人

  • listの仕組みを知りたい。
  • listの抽出方法の種類を知りたい。
  • listの抽出方法について具体的に教えてほしい。
この記事で解決できること
listの仕組みが分かる。

  1. listの抽出方法の種類が分かる。
  2. listの抽出方法(個数の確認・要素の取り出し)が分かる。

この記事を書いている人

プログラミング言語(Pythonなど)を働きながら独学で習得。「Excel作業の自動化」「人工知能による予測」「Webアプリ開発」「Webスクレイピング」を駆使した業務ハック(業務改善×システム化)が得意なサラリーマンです。

Python list|リストとは

リストとは、情報を入れておくための箱(変数)のことで、複数の箱を管理するためのものです。

簡単にいうと、たくさん情報(文字列や数値など)をまとめて管理できるとても便利な機能です。それぞれの箱に入った情報のことを”要素”と言います。

また、”要素”には順序がありそれぞれ番号が付いています。この番号のことを”インデックス”と言います。

”インデックス”は0番から始まり、この番号を指定することで”要素”を取り出すことができます。

リストを新しく作ったり要素を追加・変更するためには、テクニック(関数・メソッド)を使う必要があります。でも、そのテクニックを覚える必要は全くありません。辞書のように必要な時に調べてコピペすればOKです。

5パターンの詳しい解説ページを用意しています
[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#7ca1b7″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  1. Python list(リスト)の作成方法|range関数など
  2. Python list(リスト)の変更|追加・並替・更新など
  3. Python list(リスト)の抽出|個数・要素の取り出し方法
  4. Python list(リスト)の削除|pop・del・remove
  5. Python listの結合(+演算子,extend,zip)
[/st-mybox]

 

Python list|リストの操作方法一覧表(抽出)

よく利用されるlist(リスト)の抽出方法をまとめました。No.1からNo.4まで順番に説明します。

No.
基本形 コード例 実行結果
1 count(data) x=[‘りんご’, ‘ぶどう’, ‘ばなな’,’りんご’]
y=x.count(‘りんご’)
y=2
2 len(list) x=[‘りんご’, ‘ぶどう’, ‘ばなな’]
y=len(x)
y=3
3 list[index] x=[‘りんご’, ‘ぶどう’, ‘ばなな’]
y=x[1]
y=ぶどう
4 data in list x=[‘りんご’, ‘ぶどう’, ‘ばなな’]
y=’ばなな’ in x
True

Python list|count(data)を使った個数の確認(指定の要素)

count(data)メソッドを使うと、指定した要素がリストの中にいくつ存在するか確認できます。

  1. 変数(x)に、’りんご’,’ぶどう’,’ばなな’,’りんご’を代入(大括弧[ ]を使用)
  2. 変数(y)に、x.count(’りんご’)を代入(’りんご’の個数を代入)
  3. ‘りんご’の個数(2)を出力

Python list|len(list)を使った個数の確認(全ての要素)

lenメソッドを使うと、リスト内の全ての要素の個数を確認できます。

  1. 変数(x)に、’りんご’,’ぶどう’,’ばなな’を代入(大括弧[ ]を使用)
  2. 変数(y)に、len(x)を代入(xの全ての要素の個数を代入)
  3. 全ての個数(3)を出力

Python list|list[index]を使ったリスト内の要素抽出

listメソッドを使うことで、インデックス番号で指定の要素を抽出できます。

  1. 変数(x)に、’りんご’,’ぶどう’,’ばなな’を代入(大括弧[ ]を使用)
  2. 変数(y)にx[1]を代入(xのインデックス番目1を代入)
  3. xのインデックス番号1(’ぶどう’)を抽出

Python list|[data] in を使ったリスト内の要素の有無

[data]inの構文を使うことで、リスト内に指定の要素が存在するかどうかを「True」or「False」で判定します。

  1. 変数(x)に、’りんご’,’ぶどう’,’ばなな’を代入(大括弧[ ]を使用)
  2. 変数(y)に「’ばなな’ in x」を代入(’ばなな’は存在するのでTrueが代入)
  3. リスト(x)内に’ばなな’が存在しているので「True」を出力

Python list|リスト抽出のまとめ

list(リスト)は「countメソッド」「lenメソッド」を使うと、リスト内のデータ数を確認することができます

また「インデックス番号の指定」は、任意のデータを抽出するために使用する方法です。よく使われるテクニックなので、ぜひマスターしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です